ロゴの使用について

「福岡よる旅」ロゴの使用について

利用規約

  1. 観光イメージブック「福岡よる旅」及び「福岡よる旅ロケーションマップ」の表紙デザイン及び掲載画像等,別紙「『福岡よる旅』データ集」に掲載する「福岡よる旅」に関する素材データ(以下「素材」)は、福岡市や福岡都市圏の観光促進やシティプロモーションに寄与する事業において、使用することができます。
  2. 民間事業者・団体等が素材を使用する場合は、「福岡よる旅素材使用届出書」の提出が必要です。使用する物品の見本,イメージ図など使用の概要が分かる資料を、届出時に合わせて提出してください。 ただし、現物での提出が困難なものについては、写真や図等完成イメージを確認できるものを提出してください。
  3. 素材は、届出の範囲内で仕様することができます。届出後、内容に変更が生じた場合は、速やかに報告してください。
  4. 素材に関する一切の権利は、福岡市に帰属します。
  5. 素材を商品等に使用することは、福岡市の推奨や品質保証を意味するものではありません。使用にあたっては、製造企業・団体等における責任の所在を明らかにする表示をはじめ関係法令を遵守し、消費者等に誤解を与えないようにしてください。
  6. 福岡市は、素材の使用そのものや使用により生じる問題について、一切の責任を負いません。
  7. 次の各号のいずれかに該当する場合は、素材の使用を認めません。 該当すると認められる場合は、関係法令に基づき適切に対処しますので十分にご留意ください。その場合、素材を利用した者に生じた損害等について、福岡市では一切の責任を負いません。
    • (1) 福岡市の信用や品位を傷つけ、または正しい理解の妨げになるおそれがある場合
    • (2) 使用者が自己の商標や意匠とするなど、独占的に使用する場合
    • (3) 優良誤認や産地偽装等,商品等の購入等で消費者の誤解を招き、又は利益を害するおそれがある場合
    • (4) 特定の政治、思想、宗教の活動に利用されるおそれがある場合
    • (5) 法令や公序良俗に反するおそれのある場合
    • (6) 風俗営業等の規正及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に定める営業を行う者が使用する場合
    • (7) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団又は同法第2条第6号に規定する暴力団員を利するおそれがある場合
    • (8) その他、その使用が著しく不適当と認められる場合
  8. 観光促進効果やシティプロモーション効果等を計るため、素材の使用状況等について報告をお願いすることがあります。 また、これらの情報については事業者・団体等を特定できない形で統計データとして公開することがあります。
  9. 素材の使用に関する事務は、福岡市経済観光文化局観光コンベンション部都市観光推進課が行います。
  10. 利用規約は、必要に応じて変更することがあります。

福岡よる旅ロゴ使用届出書(上記の利用規約を必ずお読みください)

※新聞、テレビ、雑誌等報道関係機関が報道目的に使用する場合は、届出不要です。